コンテンツにスキップ

SOLARISのPayloadの使い方

USD のペイロードは、ロードをしないことを選択できるリファレンスです。
巨大なシーンを構築する場合、すべてのデータをロードすると開くのに時間がかかってしまうので
編集したい部分をロードせずにシーンを開きたいということが発生します。
そのため、モデルデータをロードする場合はリファレンスではなくペイロードを使用した上で
アンロードにしておくほうが多いです。

そんなペイロードを SOLARIS 上で使用する方法などをまとめておきます。

Payload でファイルを読む場合は、Payload ノードを使用します。

使用すると、Payload とあわせて LoftPaylaodInfo ノードが作成されます。

この LoftPayloadInfo は、アンロードしているモデルの BoundingBox を表示するための
パラメーターを追加するノードです。

ノードがある場合、こんな感じでアンロード状態でも BoundingBox が表示されます。

Payload ノードは Reference ノードのパラメーター違いです。
Reference Type が Payload File の場合、Payload 扱いになります。

PrimitivePath にペイロードする Prim を指定し、
FilePattern に USD ファイルパスを書きます。
これでロードは完了です。

アンロードする

Payload のロード・アンロードは Scene Graph Three で制御します。
デフォルトだとロードされますが、

Manage viewport load masks の Load all payloads in viewport を OFF にすることで
デフォルトをオフにできます。

「L」のチェックをオンにすると、チェックされたモデルのみロードできます。

ロード状況を保存・呼び出す

設定した Payload は、 Save viewport load masks で保存できます。

名前をつけると

プリセットを保存できます。

Configure Stage で編集

SceneGraphTree 以外でも、ConfigureStage を使用すると
ノードで Payload のロード・アンロードを変更できます。

Load all payloads in viewport を ON にした上で、

ConfigureStage ノードを追加します。
Configure ノードを使用すると、

を、SOLARIS 上で設定・使用できます。

今回は、 UsdStageLoadRules を使用します。
Load Primitives を Set primitives to load に変更します。
そして、Load Paths にロードしたい PrimitivePath を指定します。
複数ある場合はスペースをはさむことで複数指定できます。

Add and Remove Primitives to Load にすると、現在の設定に対して削除と追加が可能で
Set Primitives to Load だと、現在の指定はすべて廃棄して変更します。
Load all primitives だと、問答無用ですべてロードするようになります。

ConfigureStage を使用する場合は、
Switch を組み合わせることで、Payloads の ON/OFF をを切り替えるなどが可能になます。


最終更新日: 2022-09-25 16:14:00