コンテンツにスキップ

BlenderPythonの基本(2) linkする

Blenderの各種データは、 Data API (ID?) という形で保存されています。

CurrentFile (.blend) 以下がこのようになっていて、これらのデータは
bpy_strunct - ID を継承したクラスによって管理されています。

このデータは、データどうしを「リンク」することで、親子関係やどれに何が属しているかなどをコントロールしているようです。

たとえばSceneの場合。

https://docs.blender.org/api/current/bpy.types.Scene.html#bpy.types.Scene

Sceneも、IDを継承したSceneクラスから扱います。

1
scene = bpy.data.scenes['Scene']

なので、 bpy.data から取得可能です。

1
2
3
print(scene.collection)
print(scene.camera)
print(scene.render)
1
2
3
<bpy_struct, Collection("Master Collection") at 0x00000214B6CB5808>
None
<bpy_struct, RenderSettings at 0x00000214B6CD0208>

必要な情報もここから取得します。

シーンに対してオブジェクト等を追加

例えば、シーンに対してCollectionを追加したい場合。
この場合は、DataAPI側にCollectionを作成し、作成したCollectionをSceneに対してリンクする必要があります。

1
2
bpy.ops.collection.create(name='hoge')
col = bpy.data.collections['hoge']

Operatorを使用してCollectionを作成するとDataAPIにCollectionが追加されます。

1
2
col = bpy.data.collections['hoge']
scene.collection.children.link(col)

その追加したCollectionを指定のSceneに追加する場合は、
このように、SceneのCollectionの子供にCollectionを「リンク」します。

さらに子どもにCollectionを追加

1
2
3
bpy.ops.collection.create(name='childCollections')
child = bpy.data.collections['childCollections']
col.children.link(child)

さらに子供にCollectionを追加する場合なども同様です。
追加したい親Collectionに対してリンクすれば、同様に親子化をつくることができます。

Objectの場合(追加、削除、取得)

1
2
cube = bpy.data.objects['Cube']
bpy.data.collections['hoge'].objects.link(cube)

オブジェクトの場合も、基本の考え方は同じです。
追加したいCollectionのobjects に対して、追加したいObjectを「リンク」します。

1
print([x for x in child.objects])

1
[bpy.data.objects['Cube'], bpy.data.objects['Light'], bpy.data.objects['Camera']]

オブジェクトを取得したい場合は、このようにします。

1
2
cube = bpy.data.objects['Cube']
bpy.data.collections['hoge'].objects.unlink(cube)

削除したい場合は、unlinkでOKです。

まとめ

各Dataは、IDから継承されたクラスでアクセスが可能。
そして、それぞれを接続したい場合は、どのDataも link / unlink すれば構築することができます。


最終更新日: 2021-10-14 00:03:06
Back to top