コンテンツにスキップ

Blender のスクリプトを VSCode から実行

まず、VSCode 側からスクリプトの実行をできるように準備する。
事前のじゅびは「VSCode での Addon 開発」を、参照。

まず、コマンドパレットで「Blender:Start」でコマンドを実行する。
そして、実行する blender.exe を選択して、Blender が起動するのを待つ。

起動が完了すると、Blender と VSCode が接続される。

# -*- coding: utf-8 -*-

import bpy
from mathutils import *
D = bpy.data
C = bpy.context

print(D)

VSCode で Python をファイルを作成して、このようなテストコードを作成する。

そのあと、Run Script を実行する。

実行すると、デバッグコンソールに Blender での実行結果が
表示され、Blender でコマンドが実行される。

ブレークポイントを置いてから Run Script を実行すると、ブレークポイントで
停止して、関数の中身の確認なども見ることができる。

ブレークポイントを作成して実行すると、
読み込み専用のバッファが作成され、そちらでデバッグを実行できる。
実行が終了したら、タブを閉じる。


最終更新日: 2019-02-09 07:47:53