コンテンツにスキップ

モディファイアを使用する

オブジェクトにモディファイアを指定

まず、モディファイアを指定したいオブジェクトを選択し、
プロパティ内のモディファイア(スパナマーク)を選択する。

そのあと、「Add Modfier」を選択し、

追加したいモディファイアを選択すれば、追加することができる。

スタックについて

モディファイアを追加すると、スタックにモディファイアが追加される。
ものモディファイアはスタックは、上から下の順番で計算される。
そのため、順番を入れ替えると結果が変わることがある。

モディファイアの順番は、各モディファイアのウィンドウの ▲▼ で入れ替えることが出来る。

表示モードの切り替え

適応したモディファイアの表示やレンダリングへの反映を ON/OFF することができる。
モディファイア画面のアイコンの 4 つで切り替えができ、
左から

  • レンダリングに反映
  • Area 上の表示に反映
  • Area 上の Edit モード時に反映

のようになっている。

モディファイを適応する

スタックに積まれた状態だと、Maya で言うところの「ヒストリが残っている」
状態になっている。
編集の必要がないものなどは、
モディファイアスタックの内容を適応して
History を削除することができる。

適応したいモディファイアを選択し、その中にある  Apply ボタンを押す。

ボタンを押すと、モディファイアの効果をベイクし、
スタックからモディファイアは削除される。

参考


最終更新日: 2019-02-09 07:47:53