コンテンツにスキップ

初めての Houdini 基本用語と構造

Maya使いでHoudini完全初心者が、使い方で調べていった内容を書きためていきます。

基本的な用語

基本的な所ですが、SOP・VOP・COP…という謎の3文字が並んで最初からわからない。

「OP」とは、Operatorの略。
Houdiniのノードの分類のようなもので、

SOP Surface Operator
VOP VEX Operator
COP Composite Operator
CHOP Channel Operator
ROP Render Operator

それぞれが上の意味になっている。
SurfaceOoeratorが、Geometry(Mesh)を扱うオペレーター
VEXというのは、C++ライクなHoudiniのプログラム言語で、
MayaでいうところのExpressionに近い(もっといろいろできるけど)
VOPは、そのVEXをノードベースで組み立てられるもの。

公式Helpのノードを見ると、このOperatorごとにノードがまとめられている。

データ構造について

Houdiniは、基本的に「ノード」という単位を基本として出来ている。
そしてそのノードは入れ子構造になっている。

シーンの構造を確認するのたTreeView
そしてこの階層は、Folder階層のように obj/geo1/attribvop1 のように表すことができる。
パラメーターにアクセスするときもこのパスが基本になる。

TreeViewのこのアイコンが、上記のOperatorに対応していて
各Operatorごとにノードがグループ化されている。

このなかのOBJというのは、MayaのDAGノードにおけるTransformノードのようなもの。
あるいは、BlenderのObjectのほうが近い。
GeometryやLight、Cameraなどを配置する「場所」であり
内包する各ノード(SOP等々)を実体化するための出口的な役割を持つ。

また、このOBJノードをつなぐことで親子化をすることができる。

Network

そして、Houdiniの最も重要な部分になるのがNetwork。
Networkに表示されているハコがノードで、そのノードそれぞれがさまざまな機能を持っている。
そのノードを接続していくことで、データを編集・構築していくことができる。

Maya使いの考え方で表すと、TreeViewはアウトライナはハイパーグラフのヒエラルキ
表示をしているのがTreeViewで、Networkは、ハイパーグラフをConnection表示にしたようなもの。
まずInputからデータが入力され、それぞれのノードがそのノード内でゴニョゴニョしたあと
Outputとしてデータが出力される。
その繰り返しでデータが構築されていく。

Houdiniのすごいところはこのノードの種類が多用なことと
ノードからアクセスできる内容がMayaの比ではないのが大きい。
(OpenMayaのイテレータで処理するような内容をノードベースで組める)


最終更新日: 2020-07-26 14:33:07