コンテンツにスキップ

SOLARISでAttributeを編集する

SOLARISでUSDのAttributeをノードで編集する方法がわかりにくかったのでメモ

新しくプロパティを追加する

まず、編集するにはEditPropertiesノードを使用します。

ノードを作成したら、 Edit Parameter Interface...あるいは

Edit Propertiesを選びます。

From USDの Properties から、追加したい型をExistingParametersに
追加します。

あとは、値を変更すればOKです。

USDのプロパティが指定できました。

すでにあるプロパティを編集する

すでにあるプロパティを編集したい場合は、
Scene Graph Detail から、Edit Property を選びます。

すると、 Edit Properties が作成されます。

Edit Propereties には、先程選択したプロパティがすでに指定されています。
デフォルトだと Do Nothing(なにもしない)なので、

Set or Create にして、編集をします。

Blockする

Blockとは、USDの機能の1つで、現在のレイヤーまでの編集した値を
その名の通り「Block」することができます。

たとえば先程つかしたプロパティをBlockしてみます。

ノードの構成はこんなかんじ。

Edit Properties で、Blockしたいプロパティを追加して、選択を「Block」にします。

Block_Prop ノード後のScehe Graph Detail を見ると、
sampleProp が None になっていることがわかります。
Blockすると、Blockされるより前(弱いレイヤー)のオピニオンはすべて無効になります。

編集対象のPrimを変更する

デフォルトだと、Inputで指定されたPrimが指定されています。
Primitivesを変更することで、指定したPrimを編集することができます。

指定した名前

指定した名前のPrimの場合は、編集したいPrimを右クリック→ Copy Paths で、SdfPathを取得します。

指定Prim以下すべて

このような構造で、 sample_cube 以下すべてを編集したい場合

Primitivesに、 /path/* とするとそのPrim以下がすべて対象になります。

Collectionに含まれるノードすべて

事前にCollectionを作成しておいて、このCollectionに含まれるPrimをセットする場合、

Primitivesの→の[▼]ボタンを押して、Collection Nameを指定します。

このように、単純にSdfPathを指定するだけではなく
Collectionやワイルドカードなどを使用することで、まとめてアトリビュートを
編集することができます。


最終更新日: 2021-05-30 09:39:07

Tag