コンテンツにスキップ

VSCodeでリモートデバッグ環境を作る

Mayaのエディット環境再構築の一環で、VSCodeのリモートデバッグを出来るようにしました。

手順については、概ね

https://qiita.com/takumi_akashiro/items/5e18dd96b7af942cefbc

こちらのサイト様を参考にしました。

ptvsdモジュールのインストール

まず、Maya側にVSCodeのリモートデバッグを実行するためのモジュールを追加します。

https://pypi.org/project/ptvsd/#files

このサイトのptvsd-4.2.10.zipをダウンロードしてインストールを行います。
Python2系のサポート終了が近い影響なのか、各所で公開されているwhlなどからWindowsが消えていて
若干インストールに戸惑うところがあります。
はやくMaya様も3系にならないかなとおもうんですが、それによるスタジオの悲鳴を考えると......

インストール方法はそのままコピペでもOKですが、
私はダウンロードしたptvsd-4.2.10.zipを解凍してできたフォルダに
管理者モードのコマンドプロンプトで入り、

"C:\Program Files\Autodesk\Maya2018\bin\mayapy.exe" setup.py install

setup.pyを利用してインストールしました。

デバッグモードを設定する

VSCodeのDebug画面に移動して、「構成の追加...」をクリックします。

{
    "version": "0.2.0",
    "configurations": [
        {
            "name": "Maya: Attach",
            "type": "python",
            "request": "attach",
            "pathMappings":[{
                "localRoot": "${workspaceFolder}",
                "remoteRoot": "${workspaceFolder}",
            }],
            "port": 3000,
            "host": "127.0.0.1"
        }
    ]
}

launch.jsonを上のように書き換えます。

import ptvsd;ptvsd.enable_attach(address=('127.0.0.1', 3000), redirect_output=True)

最後に、userSetup.py内にリモートデバッグを有効にするためのコマンドを記入して準備は終了。

使用する

準備ができたら、

デバッグを「Maya:Attach」に変更して、「F5」を押します。

これで待機状態になります。

あとは、Maya側で

コマンドを実行すれば

ブレークポイントのところでVSCode側でデバッグをすることができます。

使用感

使用感ですが、以前使っていたPyCharmのリモートデバッグよりシンプルで
使いやすいきがします。
PyCharmだと、一度接続して切ったらいろいろゴニョゴニョしないと次の実行が
できなかったのですが
VSCodeは使用時は特に何事もなく、終了したあとに再度実行すれば
同じようにリモートデバッグが実行できました。


最終更新日: 2020-07-11 15:53:43