コンテンツにスキップ

PyInstallerでexeを作る

PyInstaller を利用すると、Python のコードを exe 化して
Python をインストールしなくても単独のツールとして利用できるようになります。

基本的な使い方

まず、使うときには pip で pyinstaller をインストールします。

1
pip install pyinstaller

インストールしたら、

1
pyinstaller <exeにしたいpythonPath.py> --name <toolName>

このように実行すると、

コマンドプロンプトのカレントディレクトリ以下に、 \<toolName>.spec ファイル、 build dist フォルダが作成され

dist フォルダ以下に、exe が作成されます。

1
pyinstaller <exeにしたいpythonPath.py> --name <toolName> --onefile

デフォルトだと toolName.exe 以外にも各種 dll などが同じフォルダに作成されますが
--onefile を追加することで

1つの exe に固めることができます。

spec ファイルを編集する

基本はこれで OK ですが、
例えば python ファイル以外に、追加でファイルが必用な場合(画像、ui ファイル等)は
別途 exe と同じフォルダにファイルをコピーしないといけないので
そのような場合は spec ファイルを編集します。

sample.txt
1
hogehoge
samplecode.py
1
2
with open(resource_path('sample.txt'), 'r') as f:
    print(f.read())

例えば、同じフォルダ以下にある sample.txt をプリントするようなコードを exe にする場合

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
a = Analysis(
    ['samplecode.py'],
    pathex=[],
    binaries=[],
    datas=[('sample.txt','.')],
    hiddenimports=[],
    hookspath=[],
    hooksconfig={},
    runtime_hooks=[],
    excludes=[],
    win_no_prefer_redirects=False,
    win_private_assemblies=False,
    cipher=block_cipher,
    noarchive=False,
)

追加するのは、 datas の配列で
この配列に (ファイル名,コピー先) のタプルを入れることで、ファイルをコピーすることができます。

onefile の場合

注意が必要なのが、 onefile の場合。
この場合、1つにまとめたファイルをいったん _MEIPASS  に展開する都合、
相対パスで指定してしまうとエラーになります。

https://stackoverflow.com/questions/7674790/bundling-data-files-with-pyinstaller-onefile

その場合は、ファイルパスの取得をするための関数を用意して
pyinstaller で固められている場合は、MEIPASS を指定するようにする必要があります。


最終更新日: 2022-07-12 16:25:45