コンテンツにスキップ

Windows 環境で GitLab の CI/CD を実行する

Docker だと Linux 環境になってしまうので、Windows 用アプリの動作ができない
Maya などのような Windows で動くものの動作テストができないなどの問題があるので
Runner を「Shell」にして登録する。

gitlab-runner register

で、登録したときに
Executer を 「Shell」 にして登録する。

次に、admins/Runner 画面で
上で登録した Runner の設定画面を開き、Run untagged jobs  のチェックを ON にしておく。

実行してみる

準備ができたら、簡単な JOB を投げてみる。

.gitlab-ci.yml の内容はこんな感じ。

stages:
  - build

build_job_test_win:
  stage: build
  script:
    - cd test_repos
    - main.py

プロジェクトの構成はこんな感じで、

# -*- coding: utf-8 -*-
print "Hello World"

main.py は、プリントするだけにする。

GitLab に Push すると、CI が実行される。

実行されると、Runner 側にクローンが作成されて
スクリプトの内容が実行される。

Shell で Runner を指定した場合は、

gitlab-runner.exe が押してあるフォルダ下に「builds」が作成され
その下に

Runners のプロジェクトで指定された ID(この場合 5fddcc20)のフォルダが
builds 下に作成され

クローンが作成される。
このままだと、環境が隔離されないので
Python の場合は pipenv などでクローズドな環境を毎回構築するようにしげあげると良い。


最終更新日: 2020-01-11 15:02:44