コンテンツにスキップ

VSCodeでPyTest

VSCode は、指定した名前になっている UnitTest 用のテストコードを実行できる
機能があるので
これを利用して、Python のテスト環境を作っていきます。

設定する

まず、プロジェクト下にフォルダを作り、その下にテストファイルを指定の名前で起きます。
ルールは「test_」から始まること、なのでその名前で指定しつつ
その中にテストコードを書きます。

1
2
3
4
def test_Add():
    a = 1
    b = 2
    assert a + b == 3

テスト用の関数は、 test_### とすることで自動で認識してくれるので
このようにしておきます。

VSCode の「テスト」アイコンをクリックし、

Configure Python Tests をクリックします。

そして、どのテストフレームワークを使うかを指定します。
今回は pytest を使用します。

テストファイルを含むフォルダを指定する画面が出るので「tests」フォルダを指定します。

準備ができたら、このボタンでスタートします。

テストが無事通ると、このようにグリーンの ✅ になります。

1
2
3
4
def test_AddErr():
    a = 1
    b = 2
    assert a + b == 4

例えば、わざとエラーになる関数を追加すると

エラーがあるテストは ✖ 表示になり、

エラー箇所がわかりやすく表示されます。

test_###.py ファイルを開くと、関数の左側に実行ボタンがでているので
このボタンを押せば、単独でテストも可能です。

コマンドラインに比べるとわかりやすいので、
日常的にテストを実行したい場合は、指定しておくといろいろ楽になりそうです。

参考


最終更新日: 2022-04-12 14:32:41