コンテンツにスキップ

VSCodeで C++の環境を作るメモ

C++で必要なライブラリを取得して、 CMakeLists.txt を使用して
VS Code でビルドするまでの流れをメモがてらまとめ。

vcpkg のインストール

https://github.com/microsoft/vcpkg

C++のライブラリを取得してくるコマンドラインツール。

1
2
git clone https://github.com/microsoft/vcpkg
.\vcpkg\bootstrap-vcpkg.bat

Github からクローンして、上記のコマンドでビルドする。
無事に完了すると vcpkg に vcpkg.exe ができるので、このフォルダを PATH に入れたりして vpckg コマンドが
使えるようにする。

VS Code のワークスペース設定

vcpkg がインストールできたら、VS Code でワークスペースを作成します。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
{
    "folders": [
        {
            "path": "."
        }
    ],
    "settings": {
        "cmake.configureArgs": [
            "-DCMAKE_TOOLCHAIN_FILE=D:/work/repos/vcpkg/scripts/buildsystems/vcpkg.cmake"
        ]
    }
}

code-workspace ファイルに、 cmake.configureArgs を追加します。
パスは vcpkg のインストールフォルダ以下の scripts/buildsystems/vcpkg.cmake を指定。

vcpkg でライブラリを取得する

登録されているライブラリは vcpkg install #### でインストール可能なので、 imgui を入れてみる。

1
vcpkg install imgui:x64-windows

ライブラリ名の後に、 x64-windows を入れることで、64 ビット版を取得できます。

無事インストールできました。
CMakeLists.txt への書き方が書いてあるので、CMakeLists.txt にコピペします。

imgui をビルドするために必要だったこと

基本は ↑ で良いのですが、指定の backends でサンプルを実行するにはいくつか必要だったので
メモがてらまとめておきます。

imgui の指定の binding をインストールする

1
vcpkg install imgui[glfw-binding,opengl2-binding]:x64-windows --recurse

imgui のうち、 glfw-binding と opengl2-binding が必要だったので
両方をインストールするようにします。

1
vcpkg install glfw3:x64-windows

さらに glfw3 をインストールします。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
cmake_minimum_required( VERSION 3.6 )

project(SampleProj CXX)

set( CMAKE_CXX_STANDARD 11 )
set( CMAKE_CXX_STANDARD_REQUIRED ON )
set( CMAKE_CXX_EXTENSIONS OFF )

find_package(imgui CONFIG REQUIRED)
find_package(glfw3 CONFIG REQUIRED)

add_executable(main main.cpp)

target_link_libraries(main PRIVATE glfw)
target_link_libraries(main PRIVATE imgui::imgui)
target_link_libraries(main PRIVATE opengl32.lib)

そのうえで CMakeLists.txt を書きます。
これで無事 imgui のサンプルを vcpkg でインストールした環境で実行できました。

難しい!


最終更新日: 2022-12-17 18:18:51