コンテンツにスキップ

USDViewPluginで自作GUIを追加しよう

前回 で pluginInfo.json を書いて usdview にプラグインを追加することができたのですが、
今回はただ Print するだけではなく、今開いている Stage をゴニョゴニョするような処理を
Plugin を利用して書いてみます。

フォルダ構成や plugInfo.json は前回と共通なのでスキップして本体のみ解説。
長いけど全コード

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
from pxr import Tf, UsdGeom
from pxr.Usdviewq.plugin import PluginContainer

from PySide2.QtWidgets import QDialog, QVBoxLayout, QPushButton


class TestDialog(QDialog):

    def __init__(self, usdviewApi):
        super().__init__(usdviewApi.qMainWindow)

        self.resize(400, 200)

        self.usdviewApi = usdviewApi

        layout = QVBoxLayout()
        self.setLayout(layout)
        btn = QPushButton('ShowSelection')
        btn.clicked.connect(self.showSelection)
        layout.addWidget(btn)
        btn = QPushButton('SnapShot')
        btn.clicked.connect(self.viewportCapture)
        layout.addWidget(btn)
        btn = QPushButton('createPrim')
        btn.clicked.connect(self.createPrim)
        layout.addWidget(btn)

    def showSelection(self):

        print(self.usdviewApi.dataModel.selection.getPrims())

    def viewportCapture(self):

        img = self.usdviewApi.GrabViewportShot()
        img.save("D:/capture.jpg")
        self.usdviewApi.PrintStatus("Save Image -> D:/capture.jpg")

    def createPrim(self):

        prim = self.usdviewApi.stage.GetPrimAtPath("/createPrim")
        if not prim.IsValid():
            prim = self.usdviewApi.stage.DefinePrim("/createPrim")

        childSize = len(prim.GetChildren())

        xform = UsdGeom.Xform.Define(self.usdviewApi.stage, prim.GetPath().AppendChild(f"ChildNode_{childSize+1}"))
        self.usdviewApi.dataModel.selection.setPrim(xform)


def printMessage(usdviewApi):

    win = TestDialog(usdviewApi)
    win.show()


class TutorialPluginContainer(PluginContainer):

    def registerPlugins(self, plugRegistry, usdviewApi):

        self._printMessage = plugRegistry.registerCommandPlugin(
            "TutorialPluginContainer.printMessage",
            "TestGUI",
            printMessage)

    def configureView(self, plugRegistry, plugUIBuilder):

        tutMenu = plugUIBuilder.findOrCreateMenu("Tutorial")
        tutMenu.addItem(self._printMessage)


Tf.Type.Define(TutorialPluginContainer)

usdview の Plugin に必要なのは

  1. PluginContainer を継承したクラス
  2. 上のクラスを Tf.Type.Define

この2つです。
この Container 内で Menu に新しい GUI を表示するコマンドを追加してみます。

この Menu を実行すると、

こんな感じの GUI が表示されます。

MainWindow を受け取る

usdview は Maya などと同じく PySide を利用して作られているので
カスタム GUI を作りたい場合も Maya と同じく MainWindow を取得して
その MainWindow を親にした Dialog を作成すれば OK です。

plugRegistry.registerCommandPlugin で登録した関数には
引数で pxr.Usdviewq.usdviewApi.UsdviewApi クラスオブジェクトを受け取ります。
このオブジェクトには、現在の USDView で開いている Stage や Window の情報、
CurrentFrame の値、View 設定などが含まれていて
これらを利用して処理を書くことができます。

1
super().__init__(usdviewApi.qMainWindow)

PySide の MainWindow は usdviewApi.qMainWindow で取得できます。
今回は QDialog で Stage に対して色々操作をしたかったので
QDialog には UsdviewApi オブジェクトを渡して
__init__に対してそのオブジェクトの qMainWindow を渡すようにしました。

TreeView の Item を追加・選択

usdView の TreeView に対して何かをしたい場合は self.usdviewApi.dataModel を利用します。
この dataModel を使用すれば、選択中の Prim オブジェクトを取得したり、
指定の Prim を選択状態にしたりできます。

1
    print(self.usdviewApi.dataModel.selection.getPrims())

選択中の Prim は、 selection.getPrims() で取得ができます。

ここで取得できるのは USD の Prim なので
あとは単独のツールで書くのと同じく処理を書けば OK です。

1
2
3
4
5
6
7
8
        prim = self.usdviewApi.stage.GetPrimAtPath("/createPrim")
        if not prim.IsValid():
            prim = self.usdviewApi.stage.DefinePrim("/createPrim")

        childSize = len(prim.GetChildren())

        xform = UsdGeom.Xform.Define(self.usdviewApi.stage, prim.GetPath().AppendChild(f"ChildNode_{childSize+1}"))
        self.usdviewApi.dataModel.selection.setPrim(xform)

self.usdviewApi.stage で、現在の Stage を取得することができるので
新しい Prim を追加する場合などは、取得した Stage に対して DefinePrim であったり
UsdGeom.Define(stage,"")
を利用してPrimを追加することができます。

TreeViewに増やしたPrimを選択状態にしたい場合は、

1
self.usdviewApi.dataModel.selection.setPrim(xform)

selection.setPrim(\<primObj>)

このように setPrim で、選択したいPrimを指定します。

ViewPortのScreenShotをつくる

この usdvieApiを利用すると、現在のViewportのスクリーンショットをかんたんに取ることができます。

1
2
3
        img = self.usdviewApi.GrabViewportShot()
        img.save("D:/capture.jpg")
        self.usdviewApi.PrintStatus("Save Image -> D:/capture.jpg")

GrabViewportShot() で、Viewportの QImageオブジェクトを取得できます。
ので、あとは save(Path) で

こんな感じで現在のスクショが保存できます。

まとめ

Menu登録した関数の引数で、いろんな情報を受け取れるオブジェクトが渡されるので
あとは stageから中をTraverseしたり、選択Primになにかしたり
かんたんにできることがわかりました。

https://graphics.pixar.com/usd/docs/Creating-a-Usdview-Plugin.html

usdviewApi で受け取れる内容については、公式Docs の Using the Usdview APIに
まとめがあります。

usdView自体はデフォルトだと編集することが難しい(Pythonコマンドががんばるしかない)
ですが、拡張を入れればできることがかなり増えるので
いろいろな使い方できそうです。


最終更新日: 2020-08-16 15:59:07