コンテンツにスキップ

PySideで単独アプリケーションを作る

まずは、Mayaではなく単独のPySideのGUIツールを表示します。

インストールする

まず、PySideをインストールします。
今回はPySide2、Pythonは3.6を使用します。

pip install pyside2

インストールするには、pipを使用します。
(Anacondaやpipenvでも同様に「pyside2」をインストールすればOK)

Info

PySideには、1と2がありますが
説明はPySide2準拠で説明します。
(Maya用に両方対応した書き方もありますが、それは別途解説します)

基本的な構造

まず、PySideでUIを作成するには、
このサンプルのような基本構造を作成します。

Applicationの作成

まず、PySideでUIを作る場合は「QApplication」を作成します。

PySideは、ざっくりと分けるとApplicationとウィンドウ部分(QtWidgets)の2つで
構成されていて、
PySideでアプリを作る場合は、まずApplicationを作成し
そのアプリ上で表示したいウィンドウを作成します。

今回のサンプルは、Applicationを作成し
QDialogというシンプルなウィンドウを継承したクラスを作成し、
表示をしています。

この構造が、PySideの最も基本的な形で
この構造に対していろいろなパーツ(Widget)を乗せていくことで
UIを作成していきます。

Info

解説的にはクラス継承しないで作成しているものもありますが
継承してから作った方が後々わかりやすいので
今回は、継承して使う前提で解説します。


最終更新日: 2019-11-01 16:15:38