コンテンツにスキップ

Widgetとカスタムウィジェットを作成する

前回サクッとQtDesignerを仕様してUIを作って見ましたが
度々でてくる「Widget」というものがなにを指しているのか
まずは改めて説明をしたいと思います。

Widget

Widgetとは、PySideのUIを構成するパーツの1単位です。

QtDesignerの画面を見てみると、ウィンドウに配置するためのパーツは
「ウィジェットボックス」に並べられています。
この1つづつがいわゆる「Widget」で、ここにあるものはPySideがデフォルトで
用意してくれているGUIのパーツになります。

PySideにある各種パーツはすべて「Widget」扱いになっていて
Windowも配置するためのLayoutもButton等のパーツもすべてWidgetです。

それのなにが重要かというと
すべてのWidgetは「QWidget」クラスを継承していて、このQWidget内の関数を
共通して使用することができるのです。

このQWidgetは、すべてのGUIのイベント(マウス、キーボード、その他諸々)を受け取って
処理をする機能と、描画をする機能を持っています。
なので、このクラスを継承している各Widgetは
それぞれ固有の機能と描画を持たせて、配置することでGUIを構成するようになります。

親子化

Widgetは親子化されて構成されています。

どのように構成されているかは、オブジェクトインスペクタをみるとわかりやすいです。
この例の場合 Window > Layout > LineEdit のように構成されているのがわかります。

親子化すると、Show/Hide時はまとめて適応されたり、
関数を使用して子のWidgetをリストしたり、
まとめて操作したりすることができます。

Window

上記の通り、Widgetは親子化されていますが
一番親のルートに当たるWidgetは「Window」と呼ばれます。

カスタムウィジェット

PySideでは、自分でカスタマイズしたWidgetを作成することができます。
作成するのには、まずは QtDesignerのWidgetからUIを作成します。

作成するのは、ファイルパスをセットするためのWidget。
このカスタムWidgetはLabelとLineEditとToolButtonを並べただけです。

https://snippets.cacher.io/snippet/c916ee4236b639c38cee
UIファイルはこれ。
コードは以下の通り。

カスタムウィジェットを作成すると、よく使うGUIパーツを使い回しできるようになります。

実行すると、このようになります。

カスタムウィジェット単体では、このようになっています。

カスタムウィジェットを作成する場合は、QWidgetクラスを継承したクラスを作成します。
作成したら、そのクラス内でuiファイルをロードし、Layoutに配置します。
あとは、ボタンを押したときのSignal-Slotを作成します。

最後に、作成したカスタムウィジェットをWindowで作成して配置します。

今回のようなファイルをセットするUIなどは
どのUIでも使用するので、カスタムウィジェットとして共有化しておくと
とても便利です。


最終更新日: 2019-11-01 16:15:38