コンテンツにスキップ

シンプルなタイマーを作ろう

PySide の GUI を、定期的にアップデートしたいような事はよくあります。
そういったときに QThread をつかって更新をスレッドにする手もありますが、簡単なものなら
QTimer を使用することで、手軽に作成できるので使い方を説明します。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
# -*- coding: utf-8 -*-
import sys
from PySide2.QtCore import (QTimer, QObject)
from PySide2.QtWidgets import (QApplication, QDialog, QLineEdit, QVBoxLayout)

FORMAT = "今のカウントは {count} です。"


class TimerSample(QDialog):

    def __init__(self, parent=None):
        super().__init__(parent=parent)

        self.count = 0

        self.line = QLineEdit(self)
        self.line.setText(FORMAT.format(count=str(self.count)))

        layout = QVBoxLayout()
        layout.addWidget(self.line)
        self.setLayout(layout)

        self.timer = QTimer(self)
        self.timer.timeout.connect(self.timeout)
        self.timer.setInterval(1000)
        self.timer.start()
        self.timer.singleShot(10000, self.singleShotA)
        self.timer.singleShot(15000, self.singleShotB)


    def timeout(self):

        self.count += 1
        self.line.setText(FORMAT.format(count=str(self.count)))

    def singleShotA(self):

        self.timer.stop()
        self.line.setText("カウント終了!")

    def singleShotB(self):

        self.timer.start()


if __name__ == "__main__":
    app = QApplication()
    a = TimerSample()
    a.show()
    app.exec_()

サンプルコードは以上です。

基本的な使い方

QTimer は、その名の通り一定間隔でシグナルを発する機能を持ちます。
間隔は setInterval(ミリ秒) または、 start() の引数で間隔を指定します。
上の例ならば、1秒おきにシグナルが発行されて、 timeout シグナルに接続された
timeout 関数が呼ばれます。

SingleShot

start を使用することで、定期的にシグナルを発行できましたが
それとは別に singleShot と呼ばれる機能もあります。
これは、定期実行ではなく、指定の秒数(ミリ秒)後にその名の通り1度だけ
実行する関数を指定できます。

サンプルコードの場合、

1
2
        self.timer.singleShot(10000, self.singleShotA)
        self.timer.singleShot(15000, self.singleShotB)

10 秒後に singleShotA 関数を実行し、タイマーを停止したあと、
15 秒後に再開する関数を呼び出します。

singleShot はこのように複数指定ができます。


最終更新日: 2022-05-08 14:19:51