コンテンツにスキップ

QtCore.QAbstractItemModelを使用したカスタムモデルの作成

今回は、AbstractItemModelを使用してカスタムModelを作成してから
TreeViewを構成するやり方について。

とりあえず長いですが全コードから。

長いですか、いくつか要点をまとめ。

データ構造を作る

まず、Modelを作成する場合は、指定の構造になるようにItemのツリーを
クラスオブジェクトで構成します。
指定の構造は↑の図の通り。
今回はTreeModelで説明しますが、ListでもModelでも基本は同じです。
(むしろTreeが一番面倒くさい)

TreeViewの場合はこうなります。
今回のサンプルTreeItemですが、オブジェクトに childItemsparentItem
変数を持ちます。

    def setupModelData(self):
        """
        表示用のItemを再構築する
        """
        self.rootItem.clear()
        parents = {}
        for item in self.__items:
            if item['parent'] in parents:
                p = parents[item['parent']]
            else:
                p = TreeItem(item, self.rootItem)
                self.rootItem.appendChild(p)
                parents[item['parent']] = p
            treeItem = TreeItem(item, p)
            p.appendChild(treeItem)
        self.layoutChanged.emit()

そのツリー構造を作成しているのが「setupModelData」関数です。
Itemを作成するときに親ノードにあたるItemを指定し、
オブジェクトを作成したらappendChildで親ノードの子にObjectをセットします。

トップにはRootItemを作成し、Rootは親が「None」になるようにします。
構造ができたら、このItemツリーをパースする機能をクラスに実装していきます。

関数の実装

必須なVirtual関数

QtCore.QAbstractItemModelを使用してModelを作成する場合、最低限実装する必要がある
関数があります。
それが、

  1. columnCount
  2. rowCount
  3. parent
  4. index

この4つになります。

column/rowCountについて

まず、Countについて。
これは名前の通り現在の親Index(引数で受け取る)の子がいくつあるかをreturnするようにします。
TreeViewの場合は、TreeごとにこのCountが呼ばれ
そのCount分Itemを表示します。

parentについて

    def parent(self, index):

        if not index.isValid():
            return QtCore.QModelIndex()
        childItem = index.internalPointer()
        parentItem = childItem.parent()
        if parentItem == self.rootItem:
            return QtCore.QModelIndex()
        return self.createIndex(parentItem.row(), 0, parentItem)

parent関数は、引数のindexの親にあたるModelIndexをreturnするようにします。

ここで重要になるのがModelIndexについて。
PySideのModelは実体を持たずに、あくまでもIndexで親子関係を持ちます。
実際に表示するItemは「ModelIndex.internalPointer()」に書いてある通り
実体までのポインタ を、ModelIndexが保持します。

このModelIndexを作成しているのが self.createIndex 関数で
createIndex(row,column,実体のオブジェクト) を渡すことでModelIndexを生成してくれます。

なので、このparent関数がなにをしているかというと

  1. 親を取得したいIndexから、Itemの実体を取得
  2. 実体のTreeItemのparentを使用して親の実体を取得
  3. 親がない=Rootの場合は空のIndexを返す
  4. 親がある場合はcreateIndexを使用して親のModelIndexを返す

このような挙動をしています。

return QtCore.QModelIndex()

こうしている部分は index.isValud() の判定で無効扱いになります。

indexについて

基本はparentと同様ですが、こちらは parent から指定のrow/columnのModelIndexを取得します。

    def index(self, row, column, parent):

        if not parent.isValid():
            parentItem = self.rootItem
        else:
            parentItem = parent.internalPointer()
        childItem = parentItem.child(row)
        if childItem:
            return self.createIndex(row, column, childItem)
        else:
            return QtCore.QModelIndex()

parentItemの実体のTreeItemオブジェクトを取得し、
childを取得、そしてそのChildの実体とrow,columnから
createIndexを使用してModelIndexを作成して返します。

実際の表示をどうするかを指定する

indexとparentを実装することで、最初に作成したItemのツリーをパースする構造はできました。
パースはできましたが、じゃあ実際に「なにを表示するのか」は data 関数を実装することで
指定をします。

    def data(self, index, role):

        if not index.isValid():
            return None
        if role != QtCore.Qt.DisplayRole:
            return None
        item = index.internalPointer()
        return item.data(index.column())

dataは、表示する場所のindexとroleとよばれる「ふるまい方」を受け取って処理をします。
このroleは、Viewに関係するいろいろな情報の受け取り口になっています。
例えば「背景の色」であったり、「文字の色」であったり
表示する文字であったり、あるいは自分で指定したり。
その受け取り口の「今回はなにがほしいのか」が入るのがroleになります。

今回のように文字を取得したい場合は、QtCore.Qt.DisplayRole がroleに入るので
それ以外はNoneで終了、DisplayRoleの場合はItemのdataで指定した文字列が返ります。

あとは必要に応じてflagsやHeaderを指定したりすればOKです。
(この2つは見ての通りなので今回は説明スキップ)

重要なのはModelIndexのふるまいと構造について。
Tree構造をオブジェクトで作成し、internalPointerで実体にアクセスしながら
親のModelIndex、子のModelIndexを作って
dataで最終的な出力形式を指定する...
これを押さえておけば、TreeViewでListViewでも、TableViewでも
同じ考え方でModelを作成することができます。

参考


最終更新日: 2020-03-19 15:16:19