コンテンツにスキップ

usdzipの中の画像を読み込んでみる

ipynbFile load_img__usdzipの中の画像を読み込んでみる.ipynb

In [7]:

1
from pxr import Usd,Ar

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
#usda 1.0
(
    defaultPrim = "sample"
)

def "sample"
{
    asset imgPath = @./Houdini_black_color.png@
    # このファイルに↑用の変換パラメーターなどを一緒に保存しておく
}

usda はこんな感じ。
設定ファイルに画像ファイルを使いたい場合などに、使用したい画像のパスを書いておく。
それで、 usdzip を使用して usda と 画像ファイルを1ファイルにしておく。

texUsdzip/Houdini_balck_color.png
____/texUsdzip.usda

In [3]:

1
2
3
# 画像+パラメーターが入っているusdaを usdzにしたものを用意。
stage = Usd.Stage.Open("sample.usdz")
prim = stage.GetDefaultPrim()

In [53]:

1
2
3
4
# imgPath アトリビュートには、パラメーターとワンセットで使いたい画像ファイルのパスを assetとして保持
assetPath = prim.GetAttribute("imgPath").Get()
# assetPathは resolvedPath すると、usdz内のどこにあるかを取得できる。
print(assetPath.resolvedPath)

Success

1
d:\work\notebooks\USD\UsdZip\sample.usdz[work/HoudiniWork/CreateParamSample/usd/texUsdzip/Houdini_black_color.png]

In [43]:

1
2
3
4
5
# UsdZipFile で usdz を開いて、その中から画像ファイルをGetFile を使用して bitearray で画像情報を取得。
usdzip =Usd.ZipFile.Open("sample.usdz")

path = assetPath.resolvedPath.split("[")[-1][:-1]
img = usdzip.GetFile(path)

In [51]:

1
2
3
4
5
6
from PIL import Image, ImageOps
import io

# 画像を表示
i = Image.open(io.BytesIO(img))
i

Success

```

png

1
```

最終更新日: 2022-11-25 15:39:17